そのフロアコーティング、本当に10年間耐えられるの?

新築マンションを契約して入居までに行われるインテリアオプション会、楽しみですね。
でも初めてのマンション購入で知らない事ばかり。
送られてくるカタログの告知、はたして本当なのでしょうか。
また高額にも思える価格、本当に優待価格なのでしょうか。

まずは筆頭にお答えするのは内容が最も不透明なフロアコーティングなるものです。
これはフローリングに施工するコーティングなるものですが主にオプション会では
水性のワックスに微量のウレタンが含有している「高級ワックス」をフロアコーティングと称して
販売を行っています。
施工する業者に最も優位で儲かる内容が有名の水性コーティングです。
名の通り水溶性の材料になりますので形成される塗膜も弱く長期的にメンテナンスフリーで
使う事は不可能に近いです。
特徴は水拭きで少しづつ剥がれて行きます。
逆に一般施工店で販売しているフロアコーティングは油性塗料のものが普通です。
油性塗料は主に外部(外)の部分へ施工する塗料で水拭きで剥がれる心配がありません。
また塗膜も硬く材料によっては耐衝撃性・耐熱性・耐薬品性に優れており10年以上のメンテフリーを実現しています。
但し、施工方法や材料は水性のものと比べますと大きく異なります。
水性コーティングは2名1チームで1日約10件以上の施工が可能ですが例えば油性塗料の代表格である
UVコーティングなのは1日1件が限界です。
根本的に全く別の施工なんです。
お勧めは、まず一般店でお見積りを取りオプション会の価格と比較してみてください。
また、オプション会でワックスは不要と言っている場合は水性コーティングを販売していないので
不要ではない油性塗料のフロアコーティングをお勧めいたします。

断熱フィルム、本当に断熱するの?

インテリアオプション販売会のカタログを見ますと概ね2種類の窓フィルムを販売しています。
ひとつは単純にUVカットとガラスの飛散防止するタイプ。
その機能に「断熱ができる」と称しているものの2タイプです。
前項のUVカット飛散防止タイプは一般的なガラスフィルムで型板ガラス以外には全て問題無く施工のできる
透明のフィルムになります。(ペアガラスや網入りガラスにも問題無く施工ができます)※懸念もありません。
ちょっと言い回しの怪しい断熱フィルムですが正式には日射調整フィルムが正しく「遮熱」タイプとも呼ばれます。
断熱と言うと貼るだけで外気との熱を問答無用に遮断できるイメージですがそれは間違いです。
日射調整による遮熱機能ですので西日等による日射の熱を遮熱できるフィルムを指します。
この日射調整フィルムは積層フィルム内に金属が蒸着されており遮熱できるようになっています。
その為、飛散防止フィルムとは異なり少なからずともフィルムに色が付いています。
この色が暗くなればなるほど機能面として効果が高くなりますが同時に懸念も高くなります。
この懸念のひとつとして「ガラスの熱割れ」です。
この熱割れとは貼ったフィルム表面の温度とサッシュフレームに隠れている部分の冷えたガラス部分の
温度差等による事でガラスが割れる懸念を指しています。(実際には沢山の検査項目があります)
フィルムメーカーによる熱割れ計算の参考値は調べる事ができますが(有償)値に保証はありません。
それは生活する内容により変化があり熱割れ計算値も変化するからです。
では、最悪環境での計算では?それでは全て却下される値になってしまいます。
ノウハウのあるショップに相談すると一番安全なフィルムを紹介して貰えます。
なるべく品質の良いフィルム(接着剤も)を選ぶのが長く使えるコツですので日本生産品をお選びください。

そのバルコニータイル、高層階に耐えられるの?

バルコニータイルを施工するなら最低でもオプション会で購入しましょう。
理由は簡単です。
バルコニータイルは外へ施工するものですので最悪台風などの災害時にはタイルが飛散して外部へ
飛ばされる懸念があります。
その際は状況により施工した業者(若しくは個人)が責任と問われます。(これが責任施工と言います)
オプション会価格が安易に高いからと自分自身で施工してしまうと後からこのような形で
責任と問われる事になるいかもしれません。
また、このバルコニータイルって素材により高層階に向いてる又はそうでないものが存在します。
これはメーカーパンフレットなどを見ると判りやすいかもしれません。
旧式の商品は概ね6階以上を高層階と呼んだり、高層階にはお勧めしません等の注意書きも見ますね。
そんな時迷ったらセキスイクレガーレをご検討ください。
高層マンションに適した商品と施工方法で専門業者が責任を持って施工を行います。
厳選された基準と施工用副資材でキッチリ施工しています。

キッチン合わせの食器棚、本当にオリジナルなの?

オプション会では良く聞く話しですが概ね嘘です。
皆様もご存じの通りオプション会は高額で売れない為、食器棚の造作ではキッチン合わせの扉は
物件オリジナルの為オプション会でしか購入する事ができません、と嘘をついて販売しています。
(ほんの極稀に本当のオリジナルもあります)
まず概ねオリジナルで無い理由はカラーセレクトを決めるデザインコンペでは応募するデザイナーさんは
一般化粧面材のサンプルリストから選んでカラースキームを決めます。
その為、一般の造作家具店でも同様に製作する事が可能なんです。
購入や製作を検討されている方は是非一般の造作家具店でご購入ください。
価格はもとよりオプション会よりも良質な家具が製作できます。
一部異なるのはフローリングです。
これはメーカーが市場での値崩れ防止の為もあり物件対応品と言って物件専用色でオリジナルを作り
数千ケース単位で受注するものなんです。
その為、少量の発注はメーカーが受付ないので購入ができないのです。>
良くあるケースがオプション業者でリフォームする場合にもフローリングの入手方法でトラブルが多いです。
昔は補修用に在庫を持っているゼネコンさんが分けて頂いていましたが最近では拒否するようになっています。

【著者お勧めコンテンツ】 フロアコーティングバルコニータイル造作家具玄関網戸